シアリスはソフトな効き目、そして長く続くという効果が人気となり、日本でもバイアグラに迫る勢いでシェアを伸ばしてきています。

優しさのシアリス、逞しさのバイアグラ

シアリス登場で選択肢が広がったED治療薬

シアリス

EDは治療薬を使うことで解決が出来る

EDとは直接的あるいは間接的に性的な刺激や興奮を男性に与えることによって起こる勃起が、何かしらのきっかけで出来なくなってしまう症状の事です。男性が性行為を楽しめなくなってしまうだけでなく、パートナーも含め性行為に満足感を得ることができなくなってしまい性行為の成功率にも関わってきてしまいます。決して男性だけが悩む症状ではなく女性も共に辛く苦しむことになり、一人だけの問題として考えるのではなくお互いの理解が必要な病気でもあります。

有効な治療方法もなく完治することがまずないEDでしたが、バイアグラの登場により大きく変わります。EDの対処法として唯一無二の効力を誇り発売当初は全世界で大ブームとなり品切れが相次ぎました。もちろん日本も例に漏れず、厚生労働省の認可が下りるまではアメリカから個人輸入をする人がいたほどです。

時代は流れ新たなるED治療薬の登場

シアリス

そのバイアグラ発売からもうすぐ20年が経とうとしていますが、今ではED治療薬のバリエーションが大幅に増えました。次々と新しいED治療薬が発売され、ジェネリックも登場。ED治療薬は保険適用外の医薬品ですのでジェネリックの台頭は価格面で大きな差を見せ、需要も高くこちらも人気となっています。

現在最も新しいED治療薬として知られているのがシアリスという薬です。日本では2007年に発売されたこのシアリスの効果は他のED治療薬とは一味違った特徴を持っています。それが「長時間の効果持続時間」です。例えばバイアグラですと4~5時間。レビトラであれば8~10時間といった時間となりますが、シアリスに関しては倍以上の時間持続します。最大用量の20mgを服用した場合、なんと36時間も持続するのです。およそ一日半も続くその効果は先に発売されている海外では大きな話題を呼びED治療薬のシェアNo.1に輝いた実績を持っています。36時間という長い時間は使用した人にとって、余裕をもたらします。従来のED治療薬と違い効果時間を気にすることがないからです。この余裕はとても大事です。リラックスというものは勃起をすることにあたりとても良いことなのです。

そしてもう一つの売りであるのが「食事による影響の少なさ」です。バイアグラ、そしてレビトラは共通した弱点があり、どちらも食事によって薬の効果が安定しなくなってしまうことがあるため空腹時の服用が必要となります(ただしレビトラは軽い食事であれば問題は無し)。服用時にタイミング良く空腹であることを意識しなければならず珍、使用する際の制約になってしまいがちです。そういった点では扱いにくい治療薬ともいえるでしょう。

ですがシアリスはそのタイミングを計らなくても気にせずに食事をとることが可能です。空腹である必要はないですし、ある程度のカロリーのものであれば服用しても効果に影響を与えることなく安定した効き目を得ることが出来るようになりました。それは有効成分である「タダラフィル」によるものでしょう。

タダラフィルは水に溶けにくいという性質を持っています。すなわち体内で吸収されるスピードも緩やかだということです。その性質が食事の影響も少なくしてくれ、前述の効果持続時間としても現れてきます。ただしこの緩やかな作用にも欠点はあります。2つのED治療薬と比べ勃起力が弱いのです。自然な勃起を促してくれるのがシアリスの良さではありますが、以前よりED治療薬を使用している方で強い勃起力を求めている方たちには物足りなく感じてしまう可能性があります。

これも先述した余裕を生む、という事が可能です。食事をすることにより精神的にも落ち着きますし、良い雰囲気を作り出すことも出来ます。シアリスとは勃起を促進させるだけではなく、精神的な安心をも得られる可能性を秘めているED治療薬と言えそうです。また副作用の発現がとても少なくなっています。そういったところもシアリスの人気のポイントになっているのではと思います。

特色を見極め使用するのが望ましい

特色を見極め使用するのが望ましい

それぞれのED治療薬を比較すると好みが見えてくるかと思います。強い勃起力を求めたいのであればバイアグラ。即効性が高く、勃起力と効果時間が比較的バランスの取れたレビトラ。先の2つの強い効果ではなくソフトな効き目+長時間楽しみたい方はシアリス。と、それぞれの特色を理解すればニーズは分かれていきます。それにより使い分けることもありでしょう。

現在EDを治療する際には、保険適応される治療法はありません。ED治療薬を使う場合も例外ではなく、全て自由診療となるため薬価も高く、ある程度の額を負担しなければならないことを理解する必要があります。バイアグラは先述の通り誕生からもうすぐ20年になるED治療薬に礎となった医薬品です。だいぶ薬価は下がっているようですがそれでも1錠1500~2000円と非常に高価です。

シアリスの場合も例外ではなく、医療機関により上下はしますが10mgであれば1700円前後。20mgであれば2000円前後となり、こちらもまた高価であるといえます。しかし毎日使うものではありませんし期待通りの効き目を発揮してくれるはずですので、金額に見合った満足感は得られると思います。

ジェネリックを選ぶ選択肢

ジェネリックを選ぶ選択肢

とはいえもしもシアリスが体に合わない薬だったら?という考えも浮かんできますよね。その場合はジェネリックを購入して試してみるという方法もあります。ジェネリックとは後発医薬品とも呼ばれており、同一の成分を使い製造されるため同等の高価を持っています。そのシアリスジェネリックの中でも屈指の人気、知名度を誇るのがタダシップ。シアリスと同一の効果があり、そして安価で手に入れることが出来ます。

シアリスジェネリックは海外のみで販売されているため、購入を希望する場合は医薬品の通販サイトを利用する必要があります。ジェネリックもそうですが先発薬であるシアリスも医療機関で入手するより安く購入が出来ます。ジェネリックのメリットは先発薬の半分以下の価格で購入することができ、同等の高価を得られる、といったものです。試しに使う、もしくは継続して利用したいが金額が心配、といった方たちのニーズに合うはずです。

ED治療薬によるメリットは大変大きなものです

ED治療薬によるメリットは大変大きなものです

バイアグラ発売から色々な進化・発展を遂げてきたED治療薬。ED患者、また医師にとって、EDは怖いものではなくなりました。もちろんそれを防ぐためには体調管理やストレス発散などでリラックスをせねばなりません。本来であればあまりなりたくない症状です。しかし存在がある、無しでは気の持ちようが大きく違います。間違った使い方をせずにメリットだけを十分得られるよう心がけていきましょう。

おすすめ記事