先発薬の特許期間というものが切れた時に初めてジェネリックの製造が出来ます。

シアリスお得情報

ジェネリックとは?

ジェネリックとは?

先発薬の特許が切れなければ製造が出来ない

ジェネリック、あるいは後発医薬品。その意味は先発薬(または新薬)の有効成分を使用し製造される医薬品のことになります。それだけだと少々分かりづらいので順を追って説明をして参りましょう。ジェネリックのベースになるものは先に記述した通り先発薬です。先発薬とは従来にはない薬効成分を持つ医薬品をいいます。シアリスは先発薬にあたり、タダシップなどはそのジェネリックです。

特許期間が設けられる意味

先発薬の開発は多くの時間と費用を費やし、また必ず製品化に漕ぎ着けられるものではありません。途中で研究が頓挫する可能性もあり、その場合全てが水の泡に帰してしまいます。うまく商品として販売された時も、他社に模倣しされればそれまでかかった費用の回収は遅くなり、次に開発する医薬品の研究に滞りが起きるでしょう。

これを防ぐため先発薬を開発した企業には独占的に販売と製造する権利が与えられるのです。それが特許期間というもので20~25年与えられます。その間他社はその成分に関してはまったく触れることが出来ません。晴れて使用できるのは特許期間が切れてからになります。その結果はじめてジェネリックの製造が出来るのですが、販売にあたって厚生労働省の厳しい審査をクリアしなければなりません。日本のジェネリックはこのような理由があるため非常に品質が高いといいます。

ジェネリックの安さの理由

ジェネリックの安さの理由

ジェネリックが先発薬と比べ薬価が安い理由。研究費用及びその時間が大幅にカットできるためです。既に実績が出来上がっている医薬品がベースであるためそれにかかるものも少なく済みます。ジェネリックのメリットとしてまず始めに思い浮かぶ価格面。このような理由によって先発薬よりも安く入手できるのです。

しかし一つ注意すべきことは添加物やコーティング剤が先発薬と違うため、それにより効果に差が出てくる場合があります。思い込みによるプラセボ効果によるものも多いといいますので「ジェネリックだからこの程度だろう」と思っていれば本当にその効果しか及ばないと行ったケースもあります。まずはフラットな気持ちで使いましょう。有効的に使えば我々ユーザーには大きなメリットとなります。費用も抑える事ができ、同等の効果も得られる。先発薬にこだわりが無ければ一度使用してみてはいかがでしょうか?